テーマ:英語のジェスチャー

put one's fingers together (598)

Arther Conan Doyle のThe Sign of Four の冒頭の部分の一節。ホームズがコカインの注射をしたので、友人のワトスン医師が、健康に悪いから止めた方がいいと忠告する。それに対して、ホームズは、 He did not seem offended. On the contrary, he put his f…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あごをしゃくって指す(182)

何かを指す時に、手や指をその方向に伸ばすことによって指すのが普通だが、あごをしゃくって指すこともある。そのような例を見てみよう。 客を自宅に招いた男が、客に向かっていっている。 “I noticed you looking at the Derwatt.” He nodded towards ‘Man in Chair’ ov…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドアを指すジェスチャー(178)

フランスのジョルジュ・シメノン (Georges Simenon) の推理小説では、パリ警察のメグレ警視(Chief Inspector Maigret)が登場し、難事件を解決する。推理小説にありがちな荒唐無稽さがなく、心理描写や人物の設定にリアリティがあり、ファンが多い。 トゥルーマン・カポーティ (Truman Capote) の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手をひろげるジェスチャー(166)

ローマ警察から刑事が、ヴェニスのホテルにいるトムに、行方不明になっているディッキーのことを尋ねに来る。トムは、彼らに椅子を勧めて、自分も座る。 Tom sat down in the other chair, an armchair that he could slouch in. slouch は、上半身を前傾し、両肘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェスチャーをまねる(154)

引き続き Patricia Highsmith, The Talented Mr Ripley をそのジェスチャー描写や文法に注意しながら読んでいく。 トム(ディッキー・グリンリーフになりすましている)がイタリアの警察の刑事に質問を受けている。 “What did you do yesterday after Signor …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェスチャー2つ(107)

Patricia Highsmith, The Talented Mr Ripley を語学的に読んで行く、このシリーズは、この記事の下のほうにある、テーマ「ハイスミス」をクリックするとまとめて見られます。 トムは、旧友のリチャードに会い、その父親の意を受けて、帰国するよう説得するため、イタリアに着く。 He arrived…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お金」のジェスチャー(087)

日本人は、人差指と親指で丸を作って「お金」の意味を表す。 (三田は小説を書いている。田原はその友人である。) 田原は入って来ると直ぐに上着を脱いで、 「三田公、例の済んだんだってなあ。ひとはこ位はいったか」 指先で円をこしらえて冷かした。  水上滝太郎『大阪の宿』 「例の」は「例の小説」、「ひとはこ位」は「(千両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜クイズ(081)

次の下線部はボディ・ランゲージのイメージを持ったイディオムですが、その意味をいいなさい。 1) The store was on its feet within one year. 2) “The doctor pulls long faces about my blood pressure, but I’m not too w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜クイズ(081)解答

解答 1. その店は一年以内に(業績不振から)立ち直った。 「足の上に立つ」とは「立っている(倒れていない)」ということ。 2.「血圧が高いので、医者はしぶい顔をしているよ。でもあまり心配していないんだ」 「ウーン、感心しないな」というような心配の表情。顔を長くする、というのは何となし感じの出た表現である。 3. 「真実か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more