テーマ:英語

warning zone の発音 (607)

セ・リーグのクライマックス・シリーズ、ファイナル・ステージ第4戦、中日対巨人の記事より。(毎日新聞2010年10月24日) 1点差に迫った八回、走者を2人置いて小笠原は右翼に大飛球を放ったが、ワーニングゾーンで藤井に捕られ1点止まり。 warning zone を「ワーニングゾーン」とするのはどうかと思う。放送のアナウンサー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

GARCON の発音 (606)

(上記タイトルの C にはセディーユを付ける。) スーパーボウルの記事(毎日新聞2010年2月8日(月)夕刊)。 「おことわり」として コルツのWRガーコン(GARCON)の表記は今後、より現地読みに近い「ガーソン」に改めます。 とあった。 GARCON でなく GARÇON である。Cに尾っぽ(セディーユ)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

SIGN の意味(2)(605)

ぐうたらぅさんは、同じ作品の中での、別の sign の使用例を挙げておられる。 1)サディアス・ショルダーが、父の屋敷へ侵入者があったことを語っている。 “We searched the garden that night but found no sign of the intruder save that just unde…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

SIGN の意味(1)(604)

シャーロック・ホームズの The Sign of Four という題名についての記事「The Sign of Four 」(210)について、ぐうたらぅさんからコメントが寄せられた。sign という語の意味についての検討であるので、興味のある方は、まず、上記記事、そのコメントおよび、ぐうたらぅさんのブログの関係記事を読んでいただきたい。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

看板の英語 (603)

テレビで刑事コロンボを見ていると、道路沿いのレストランの表示が目に入った。 The Original Barney’s Beanery Cocktails Pool & Games Park beanery は小型の英和辞典には載っていないが、レストランのこと。元、baked beans がメーン・ディッシュであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定・不定の区別 (602)

前回(601)の例文の一部を再掲する。 I lit a cigar and offered one to him. これは「私は葉巻に火を付け、それを彼にやった」 という意味ではなく、 「私は(自分用に)葉巻に火を付け、(別の)一本を彼に「君も吸う?」というように示した」の意味である。前者の意味なら、 I lit …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可算と非可算の区別 (601)

サマセット・モームの A Man from Glasgow という短編小説を読んでいたら次のような一節があった。「私」は、スペインのある地方で宿屋に泊った。冬で寒い夜である。食堂に一人の男がいて、火鉢に当っている。火鉢は、スペイン語で brasero という真鍮の皿状の容器で、灰と熱した炭が入れてある。「私」が暖を取ろうと椅子を近づける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No という相槌 (600)

サマセット・モームの Home という短編がある。田舎の旧家の息子が、中国方面に行って行方不明になっていたが、五十年ぶりに帰郷した。村人の一人である「私」に、その老人が語る。「私」は好意的に聞いている。 “... If I had the chance of going through my life again, I’d tak…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センター試験「英語」の発音問題 (599)

先日センター試験が行われた。普通は、翌日の新聞に出る問題を見たりはしないのだが、日曜の朝、たまたま見た。その第1番Aは、次のようなものだった。 下線部の発音が、ほかの三つの場合と異なるものを、それぞれ①~④のうちから一つずつ選べ。 問 1  ① boot ② goose ③ proof ④ wool 問 2  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

put one's fingers together (598)

Arther Conan Doyle のThe Sign of Four の冒頭の部分の一節。ホームズがコカインの注射をしたので、友人のワトスン医師が、健康に悪いから止めた方がいいと忠告する。それに対して、ホームズは、 He did not seem offended. On the contrary, he put his f…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

acoustic, instrumental, award の発音 (597)

新聞記事で、「アコースティック・ギタリスト」という表現があった。acoustic は「アクースティック」が正しい。つまり、この語では、ou は「ウー」になる。 ou で「ウー」と読むのは、group, route, youth, soup など。 ou を「オー」と読むのは、ought, thought, bought などがあるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メソポタミアと河馬 (596)

テレビの名探偵ポワロ・シリーズの「メソポタミア殺人事件」(Murder in Mesopotamia)に次のような場面があった。メソポタミアの古代遺跡の発掘調査をしている人やその家族らが、ディナーの席に着いている。ポワロの友人のヘイスティングスが、 「メソポタミア (Mesopotamia) は語源的には「二つの川(the Tigri…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

a standard motif (595)

Eメールによる、アメリカ人との将棋の対局で次のようなやりとりがあった。将棋の分る方は次の局面をイメージしてください。 先手の玉は4八にいる。飛車が6六にいる。後手の僕が8四に角を打った。この3枚の駒は斜めの一線上にある。いわゆる王手飛車である。ただ、7筋に先手7六歩、後手7四歩と歩が向かい合っている。先手は7五桂と打った。普通は同歩と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの英語学習法 (594)

英語はこのように学習すれば必ずマスターできる、という学習法はゴマンとあって、学習者は迷ってしまう。誰にでも効果があるかどうかは保証しないが、僕が愛用している学習法を一つ紹介しておく。 まず、次の質問があったとする。 Q:There is no proof that he stole the jewelry. (1)   (彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きゅうぺる (593)

街を歩いていて、喫茶店などお店の名前が英語の時、大抵はその意味が分るが、分らない時もある。フランス語、ドイツ語、イタリア語の場合は分らないことが多い。そういう時はどうする?家に帰って辞書を引く?英語はともかく、他の言語の場合は、そもそも辞書が無い(大学を卒業した時に売り払った)という人もあるのではないか。(いや、無しですませましたとメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

a thumbs up (592)

イディオムのイメージ・82 Dick Francis, 10lb Penalty より。「私」はまだ若い青年。英米では、就職の応募に際して、照会先(references)を求められる。これは、応募を受けた会社が、その人の能力や性格について問い合わせる先(元の会社の上司や大学の指導教授など)である。以前の上司が、そのような照会の手紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

a pain in the butt (591)

イディオムのイメージ・81 僕はアメリカ人と e-mail で将棋をしている。その人のコメントに、 The promoted Rook is a pain in the butt. というのがあった。 (君の)竜は(僕にとって)厄介な存在だ。 という意味と思われた。 普通は、a pain in the n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

see the back of someone (590)

イディオムのイメージ・80 585、586、587に続いて Olivia Manning, Friends and Heroes より。舞台は、第二次世界大戦中のギリシヤのアテネ。イタリア軍が侵攻してくるというので、在留しているイギリス人は戦々恐々としていた。英国の文化機関の長であるグレーシーは、船でカイロに逃れた。しかし、英軍と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

four fingers (589)

バーで、ウイスキーなどを注文する時に two fingers / three fingers という表現があることは、「英語で賢くなるサプリ」”three fingers”(523)(09.03.02)で触れた。two fingers がダブルに当たる。 ボブ・ホープの「腰抜け二挺拳銃」 (The Paleface) という映画を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

side-step (588)

イディオムのイメージ・80 レイモンド・チャンドラーの The Little Sister より。 探偵のフィリップ・マーロウが、依頼人の若い女性と話している。彼女は、カンザスから失踪している兄を探すためにロスに出て来ている。マーロウが、今どこに泊っているのかと聞くと、 “Isn’t pipe smoking a ve…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

dodge back (587)

前回と同じ Friends and Heroes より。ハリエットとガイの夫妻は、デュビダット とトビーのフラットに招かれている。彼らは、英国の或る政府機関(The British Council?) の同僚であるが、今、事情でぎこちない関係にある。デュビダットが酒を注ごうとしたが、手付きが心もとない。デキャンターの栓を落としてしまう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

up one's sleeve (586)

イディオムのイメージ・79 前回と同じ Friends and Heroes より。ハリエットの夫ガイは、無事にアテネに到着する。二人はホテルの食堂で夕食を取る。戦局が深刻化する一方でこれからの見通しはまったく分らない。再会の喜びとこれからの不安の混じった心境にある。 As they ate, he sighed with …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

nod の意味 (585)

Oliver Manning, Friends and Heroes より。 第2次大戦中、ルーマニアからギリシアに脱出してきたイギリス人女性のハリエットは、ルーマニアに残った夫のことを心配している。そこへ、ギリシア人のヤキモフが夫の安否を知らせるメモを渡す。それを読んだ彼女の顔色が変わったので、ヤキモフはいう。 “Aren’t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Thank you のタイミング (584)

John le Carré の Our Game より。「私」の邸に、刑事が来て、友人関係を訊いている。 “Would you be so kind as to give us your new telephone number? Thank you.” He scribbled to my dictation. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

burglary (583)

「Likewise!」(581)でも取り上げた映画「おしゃれ泥棒」(How to Steal a Million) より。主演はオードリー・ヘップバーンとピーター・オトゥールである。 オードリーは、事情があって、美術館から彫刻作品を盗み出すことを計画し、腕利きの泥棒と見込んだピーターに依頼する。忍び込んでから、ピーターが Thi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

the upper hand (582)

イディオムのイメージ・78 アガサ・クリスティのThe ABC Murders より。 病身の老婦人がポワロにいう。 “One’s body is a nuisance, M. Poirot, especially when it gets the upper hand. One is conscious of no…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Likewise! (581)

「おしゃれ泥棒」(How to Steal a Million) という映画をテレビで見た。William Wyler 監督、Audrey Hepburn, Peter O’Toole 主演の1966年米映画である。次の場面があった。バーでオードリーとピーターがテーブルに向かい合って席についている。ウエイターが注文を聞きにくる。ピーター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

stretch one's legs (580)

イディオムのイメージ・77 C. S. Lewis, The Voyage of the Dawn Treader より。 He rose quietly from his place and walked away among the trees, taking care to go slowly and in an ai…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

sweep off someone's feet (2) (579)

イディオムのイメージ・76 C.S.ルイスの「ナルニア国物語」中の一編、The Voyage of the Dawn Treader より。 二人の少年と一人の少女が大きな船の絵を見ていると、急にその海の波が実在化して、彼らを呑みこむ。 ... just as they thought they had got balan…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

poke one's nose (578)

イディオムのイメージ・75 ジョルジュ・シメノンの Maigret and the Reluctant Witnesses (English translation)より。 殺人事件の捜査に当たっているメグレ警視に、その家の内情を聞かれた使用人がいう。 “I’ve never poked my nose into my m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more