テーマ:マンガ

doggy bag (549)

レストランで食べ残したものを持ち帰る袋を doggy (or doggie) bag ということは、「free loader と doggie bag (538)」(08.11.27)で述べた。 新聞マンガの Dennis the Menace で次の例があった。デニス坊やが食事をしているが、沢山食べ残しをしている。それをママが叱って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

to be had (504)

スヌーピーには兄弟がいて、その一人 Spike は砂漠に住んでいる。スパイクからスヌーピーに手紙が来る。それをチャーリーがスヌーピーに読んで聞かせている。(スヌーピーが自分で読めないわけではない。)砂漠を通りかかった男に魔法のケープを買えとすすめられる。それを着たら天国に行けるというので、なけなしの1ドルで買ったという。スパイクは今その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S/W て何?(498)

久しぶりで Peanuts のマンガを読んだ。(『SNOOPY 2 みんなそろったかい?』角川書店) スヌーピーが、小鳥のウッドストックに手紙を口述している。ウッドストックはタイプライターを打っている。スヌーピーは、 Sincerely yours Snoopy までいうと、用事があるので、 “Why don’t …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

top up (343)

北イングランドの都市 Newcastle を中心とする Tyne 河流域 (Tyneside) 地方の住民とその方言を Geordie という。イギリスの人気マンガ Andy Capp の主人公、アンディはGeordie である。彼は、よく、パブでビールを飲んでいる。 今、アンディはパブのカウンターの前に立って新聞を読んでいる。サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

You can say that again! (190)

直訳すると「君はそれをもう一度云うことができる」となるが、どういう時に使う表現なのか。 マンガ Blondie より。 1コマ目 せりふ無しで画のみ。近所の少年エルモが、ダグウッドとブロンディの前で、バイオリンを弾いている。とても聞いていられないようなひどい音である。 2コマ目 Elmo: It’s no use. I’…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

pool の意味(115)

日本語で「プール」といえば、スイミング・プールだけを指すが、英語では、そうとは限らない。 In between the steady drizzle the rain came down and drove everyone under the arcades and made pools of water in the squa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

on your way (094)

或るサイトに次のようにあった。 Why Carpool? The goals of the carpooling program are to save gasoline resources, save wear and tear on your car, reduce air pollution, reduce traffic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

go -ing の意味(091)

記事(019)(05年9月30日)で、go swimming は「泳ぎに行く」ではなく「泳ぎをする」という意味だ、と詳しく説明した。今回は、マンガで検証してみよう。 Peanuts で、チャーリーがカヌーに乗って遊ぼうとしている。 Charlie: And don’t forget your life jacket. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀愁のバレンタイン・デー(090)

St. Valentine’s Dayです。チャーリー・ブラウンが、次のように云ってから、家の前の郵便受けの横に陣取ります。 I think I’ll sit here until the mailman comes by with all my valentines. ここで意味されているvalentines はカードです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

lemonade (083)

文字だけのマンガ Dennis the Menace のデニス坊や。家の前で箱を置き、レモネードを売っている。1杯10セントである。箱の前に LEMINAIDと書いてあって、綴りが間違っているのが子供らしい。 通りがかりの紳士が、買ってくれようとしたが、10ドル札を出した。坊やが云う。 “Sir, if we had ch…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The game isn’t over ... (050)

Peanuts のマンガ。キャッチャーのシュローダーがピッチャーズ・マウンドのチャーリーのところに行き、 “Let’s not give up, Charlie Brown. Remember what they say ‘The game isn’t over until the fat lady sings.’” 「あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こけたのはどっち?(023)

マンガ Dennis the Menace で、お父さんが腕を挫いたのか、三角巾で腕をつるし、本を読んでいる。デニス坊やが友達のジョーイに説明している。 “He didn’t exactly fall on his skies. He just opened the closet door and they fell on hi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花模様の落下傘(020)

軍隊マンガ Beetle Bailey. 兵士たちが落下傘の降下訓練をしている。一人のパラシュートだけ、花模様がついている。それを見た他の兵士が云う。 “I didn’t know designer chutes were allowed.” こういう designer は次の意味。 Designer clothes…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェイプアップ(017)

マンガ Dennis the Menace. お母さんがランニング・マシーンで運動に励んでいる。デニス坊やが友達のジョーイに云う。 “While my Mom shapes up, I have to SHIP OUT!” 「お母さんがシェイプアップしている間、僕はシップアウトしていないといけないんだ」 お母さんは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Not exactly (005)

新聞マンガ Blondie は、ブロンディとその夫ダグウッド(Dagwood)を中心に展開する。今日は、ブロンディが隣の奥さんと垣根越しに話をしている。芝刈機が置いてある。   Neighbor: Having trouble starting the lawn mower?   Blondie: Not exactly. I’m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

real friendly (004)

<マンガで学ぶ英語> マンガは口語英語の宝庫だ。それに、ユーモアのセンスも養えるし、背景の文化についても学べる。 新聞マンガのDennis the Menace は、デニス坊やのいたずらぶりを描く一こまマンガ。 (このタイトルで検索すると公式サイトにアクセスでき、デニス坊やの「英姿」が見られる。) さて、今日取り上げる作品では、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more