テーマ:英語のベーシックス

定・不定の区別 (602)

前回(601)の例文の一部を再掲する。 I lit a cigar and offered one to him. これは「私は葉巻に火を付け、それを彼にやった」 という意味ではなく、 「私は(自分用に)葉巻に火を付け、(別の)一本を彼に「君も吸う?」というように示した」の意味である。前者の意味なら、 I lit …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可算と非可算の区別 (601)

サマセット・モームの A Man from Glasgow という短編小説を読んでいたら次のような一節があった。「私」は、スペインのある地方で宿屋に泊った。冬で寒い夜である。食堂に一人の男がいて、火鉢に当っている。火鉢は、スペイン語で brasero という真鍮の皿状の容器で、灰と熱した炭が入れてある。「私」が暖を取ろうと椅子を近づける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センター試験「英語」の発音問題 (599)

先日センター試験が行われた。普通は、翌日の新聞に出る問題を見たりはしないのだが、日曜の朝、たまたま見た。その第1番Aは、次のようなものだった。 下線部の発音が、ほかの三つの場合と異なるものを、それぞれ①~④のうちから一つずつ選べ。 問 1  ① boot ② goose ③ proof ④ wool 問 2  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

acoustic, instrumental, award の発音 (597)

新聞記事で、「アコースティック・ギタリスト」という表現があった。acoustic は「アクースティック」が正しい。つまり、この語では、ou は「ウー」になる。 ou で「ウー」と読むのは、group, route, youth, soup など。 ou を「オー」と読むのは、ought, thought, bought などがあるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの英語学習法 (594)

英語はこのように学習すれば必ずマスターできる、という学習法はゴマンとあって、学習者は迷ってしまう。誰にでも効果があるかどうかは保証しないが、僕が愛用している学習法を一つ紹介しておく。 まず、次の質問があったとする。 Q:There is no proof that he stole the jewelry. (1)   (彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

platoon の発音 (560)

英語のベーシックス・9 テレビで「プラトーン」という映画が放映されていた。原題を見ると Platoon である。 platoon は、軍隊の単位で「小隊」のこと。発音は「プラトゥーン」。 oo というスペリングには、次の発音がある。 1. 「ウー」 bamboo, cool, food, fool, moon, pool, …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

President Elect (543)

英語のベーシックス・7 オバマ次期大統領がクリントン上院議員を次期国務長官に指名したというニュースで、二人が目をかわしている写真があり、その演台に THE OFFICE  of the PRESIDENT  ELECT と書いてありました。この elect は動詞ですか、形容詞ですか、という質問があった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在完了の用法 (540)

英語のベーシックス・6 (「英語のベーシックス」は 1 から 5 まで、「英語で賢くなるサプリ」に載せていたが、今回から「英語で Brush Up」で続ける。) Patricia Highsmith, The Boy Who Followed Ripley より。 アメリカ人の少年が、自分が家出をした時のことを語っている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

foundation の語形成 (506)

若い女性が電車の中で化粧するのはごくありふれた光景になった。中には、ファウンデーションから念入りにやっている人もいる。それを見ていて、foundation の動詞は found のはずだが、*foundate という動詞はあるのかなと覚束なくなった。 dedicate – dedication educate …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

複数形の所有格 (476)

或る俳句の雑誌の季語の解説に、Halloween のことを「ハローイン。All Saint’s Day の前夜」としていた。-ween のところに第一アクセントがあるのだから「ハロウィーン」とする方がいいし、実際、英和辞典にはそうなっている。「万愚節」(11月1日)と訳すように、聖人は沢山いるのだから All Saints’ Day で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

comma を入れるルール (451)

「美しくて、賢くて、金持ちで、やさしい人」 「美しくて賢くて金持ちでやさしい人」 のように形容語を並べる時に、形容語の間に読点をつけるかどうかは、日本語では特にルールは無く、読みやすいように付ける。どちらでもいい場合が多く、やたらに付けると切れ切れになって見苦しくなったりする。 英語では comma を入れるかどうかについて一定の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミコロンの用法 (447)

我々が、も一つ活用できないものに semicolon がある。 He was generally thought intelligent; he was certainly cultured. 彼は皆に頭がいいと思われている。確かに教養はある。 We were not friends. I did not like …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more