doggy bag (549)

レストランで食べ残したものを持ち帰る袋を doggy (or doggie) bag ということは、「free loader と doggie bag (538)」(08.11.27)で述べた。 新聞マンガの Dennis the Menace で次の例があった。デニス坊やが食事をしているが、沢山食べ残しをしている。それをママが叱って…
コメント:0

続きを読むread more

if the action was to follow (548)

Arthur Haileyの Hotel は、ビジネスマンの丁々発止のやりとりを学ぶのには絶好の教材である。次の一節があった。ホテルの副総支配人と調理場のシステムの改革を提案した副シェフとの会話。 “I like your ideas. I’d argue a few points, but not many.” “It wo…
コメント:0

続きを読むread more

give it the bird (547)

イディオムのイメージ・66 P. G. Wodehouse, Summer Moonshine の一節。 イギリスの貴族が自分の狩猟の回想記を書き、いくつかの出版社に送ったが、相手にされなかったと、その娘が話している。 “A book called ‘My Sporting Memories’. And when the…
コメント:0

続きを読むread more

Interlude

2008年のこのブログの更新は今日で終わり、来年1月12日に再開します。その間、あなたにとって楽しい休日、お正月であることをお祈りします。
コメント:0

続きを読むread more

bar の意味 (546)

松本重治「上海時代」(上中下3巻)(中央文庫)はわが枕頭の書であるが、次の一節がある。国際都市上海の租界にあった上海クラブについての描写。時代は1930年代。 非常にエクスクルーシヴなクラブであったが、クラブのバー(バーで立ちながら飲むとき足をかけるための足かけ用の真鍮の棒のこと)は長さ二十メートルぐらい、世界で一、二を争う長さで…
コメント:0

続きを読むread more

Xmas と X'mas (545)

クリスマスのシーズンになり、広告などに 1. Xmas 2. X’mas 3. Xマス 4. X’マス のような表記をよく見かける。 1と3が正しい。X の後ろにアポストロフィは要らない。 理由は明解で、 1)英米の辞書の見出しに、2や4の形は見当たらない。日本の英和辞典でも同じで、例えば『ウィズダム英和辞典』…
コメント:0

続きを読むread more

chimpanzee と pansy (544)

「チンパンジーとパンジーは語源が同じ。そういえば顔が似ている」という説を聞いた。ジョークとしていっているのかも知れないが、もっともらしい説ではある。 辞書(「英語語源辞典」(研究社)、Webster’s New World Dictionary of American English)を見ると、残念ながら(?) chimpanzee …
コメント:0

続きを読むread more

President Elect (543)

英語のベーシックス・7 オバマ次期大統領がクリントン上院議員を次期国務長官に指名したというニュースで、二人が目をかわしている写真があり、その演台に THE OFFICE  of the PRESIDENT  ELECT と書いてありました。この elect は動詞ですか、形容詞ですか、という質問があった。 …
コメント:0

続きを読むread more

ソードフィッシュ (542)

テレビの番組欄で、映画のタイトルとして「ソードフィッシュ」(2001年米映画)というのがあった。原タイトルはSwordfish. swordfish はメカジキという魚。映画では、麻薬取締局が行った極秘作戦につけた名前であるという。いずれにせよ、sword を「スウォード」でなく「ソード」としたのは正しい。 sword 剣 とその合…
コメント:0

続きを読むread more

or rather (541)

Agatha Chiristie, The Murder of Roger Ackroyd より。この小説の語り手であるシェパード医師がアクロイド邸に来る。出てきた執事のパーカーに「アクロイドさんが死んでいると、君から電話があったので来た」というが、執事はそんな電話はしていないという。しかし、アクロイド氏が死んでいるというのが事実であれ…
コメント:0

続きを読むread more

現在完了の用法 (540)

英語のベーシックス・6 (「英語のベーシックス」は 1 から 5 まで、「英語で賢くなるサプリ」に載せていたが、今回から「英語で Brush Up」で続ける。) Patricia Highsmith, The Boy Who Followed Ripley より。 アメリカ人の少年が、自分が家出をした時のことを語っている。…
コメント:0

続きを読むread more

pin money と「へそくり」 (539)

She saved her pin money from a part-time job. この pin money は「妻が、自分の必要なこと、或いは、好きなように使うことができるように、普段から少しずつ用意しておくお金」の意味。必ずしも「妻」でなくても、「臨時費用としておいておくお金」の意味でも使われる。なぜ、pin かという…
コメント:0

続きを読むread more

free loader と doggie bag (538)

スコット・フィッツジェラルドの The Great Gatsby で、主人公のギャッツビーは、連日広大な自分の邸でガーデン・パーティを催す。招待客もいるが、招かれていない男女も沢山来ている。 パーティが盛り上がるのだからそれでいいという考え方であろう。このように、パーティにもぐりで入り、飲み食いをする人を free loader という…
コメント:0

続きを読むread more

Barack と barrack (537)

アメリカの次期大統領はバラク・オバマ氏に決定しているが、このバラクと、終戦後の日本で焼け跡に立ったバラックは同じかという質問があった。 オバマ氏の名はBarack であり、仮作りの住居は barrack で綴りが違う別語である。前者の語源については詳らかにしないが、サイト「はてなキーワード」に「バラクとはスワヒリ語で「祝福された」とい…
コメント:0

続きを読むread more

Interlude

もう一つのブログ「英語で賢くなるサプリ」と合わせると、記事数が1000を超した。目標の「千一夜」に達している。そこで、休もうと思っていたが、今、特にしんどいわけではなく、タネに困っているわけでもない。 ブログを始めた当初、それまでに書いて残っているものを小出しにして、と思っていたが、そういう旧ねたの再生は、おそらく一割くらいであろう。…
コメント:1

続きを読むread more

top skipper (536)

タンパベイ・レイズはワールド・シリーズで破れたが、チーム創設以来11年目、ほとんど毎年地区最下位であったリーグ優勝を遂げた偉業には、メディアもファンも拍手を惜しまなかった。Joe Maddon 監督は、今年のアメリカン・リーグ最優秀監督 (the American League Manager of the Year) に選ばれた。その…
コメント:0

続きを読むread more

He'll know you. (534)

知人から電話がかかってきて、或る人がそちらに行くから駅で迎えてくれと頼まれることがある。自分は、その人に会ったことがない。 “What does he look like?” “He’ll know you.” こういう会話が交わされるだろう。この時、 He knows you. といえば、「君は彼を知らないかも…
コメント:0

続きを読むread more

from the gutter (533)

イディオムのイメージ・64 Patricia Highsmith, The Boy Who Followed Ripley より。トム・リプレーは、自分に接近してきて、家に泊めてやったりしている少年について思う。 The boy wasn’t from the gutter. Tom could tell from the…
コメント:1

続きを読むread more

Octoberphest (532)

今年(2008年)のワールド・シリーズは、フィラデルフィア・フィリーズがタンパベイ・レイズを制して優勝した。そのことを報じた記事の見出し。 Octoberphest! Phillies win World Series Phils prevail in Game 5, clinches first Fall Classic t…
コメント:0

続きを読むread more